【ブログ宿泊記】ドーミーイン札幌ANNEX プレミアムとサウナ・大浴場の違い

スポンサーリンク
ドーミーイン札幌 国内ホテル

ドーミーイン札幌ANNEXにサッポロ冬割を利用をしてお得に泊まってきました!

人気のドーミーインですが、サウナや大浴場がお目当てという人も多いですよね!

ドーミーインといえば大浴場・サウナの他にレベルの高い朝食も人気ですが、朝食の様子はこちらで紹介をしています。

札幌のドーミーインは、商店街を挟みANNEXとプレミアムがありますが、それぞれにあるサウナ・大浴場の違いについての実際に宿泊をして利用をしたレビューもあります。

スポンサーリンク

ドーミーイン札幌ANNEXの立地

ドーミーイン札幌ANNEXの住所は、中央区南3条西6丁目・・・、コレでだいたいの場所が分かる人もいるでしょうが、アーケードのある狸小路商店街にあります。

私の経験では、商店街にホテルは他のエリアではなかなか見かけないです。

例えば大阪の心斎橋筋商店街の中にホテルはないはずなんですが、寒い北海道なので地下街+商店街で寒さをしのいで行き来できるので、ドーミーイン以外にも多くのホテルがあります。

そんな札幌ですから、地下鉄大通駅のホームからは徒歩10分弱ぐらいかかり少し距離があるドーミーインですが、冬の寒さでも足を滑らせることが少ない立地は貴重なのかしれませんね。

なお、あまり知られていないですが、無料のタクシーお送りサービスがあります。

ドーミーイン無料お送りのご案内 | ホテスパ - HOTESPA.net

相乗りになって前日までの予約制ですが、歩くのがおっくうな方は利用価値が高いでしょう。

スポンサーリンク

部屋は普通のビジネスホテル

人気のドーミーインですが、部屋は一般的なビジネスホテルレベル。

ドーミーイン札幌ANNEX
ドーミーイン札幌ANNEX

ベッドはダブルサイズ。1人ならまあこれでも良いですが2人ならちょっとキツイ。

ドーミーイン札幌ANNEX

ベッドの頭のあたりには照明やエアコンのコントロール、充電用のコンセントとUSBポートとバッチリ。

ドーミーイン札幌ANNEX

ベッド横には荷物置きに空気清浄機。

ドーミーイン札幌ANNEX

ベッドの足元のスペースにデスクが設置されていますが、それほど大きくないですが仕事をするのには大丈夫な広さ。

ドーミーイン札幌ANNEX

コンセント2口に有線LANもあらかじめありました。

ドーミーイン札幌ANNEX

テレビがデスクの端にありますので、ベッドに寝ながら、デスクで作業をしながら両方の場面で見ることも可能。

ただ、テレビがあまり大きくないのがちょっと残念です。

ドーミーイン札幌ANNEX

背もたれのないこの椅子は残念すぎます(*_*)

ドーミーイン札幌ANNEX
ドーミーイン札幌ANNEX

入り口ドア付近に戻って、バスタオルとタオルが1つづつ。

ドーミーイン札幌ANNEX

ハンガーは十分すぎるぐらいありました。 ドーミーインの館内着ももちろんあります。

ドーミーイン札幌ANNEX

スリッパは使い捨ではないタイプ。

ドーミーイン札幌ANNEX

反対側に洗面があります。

ドーミーイン札幌ANNEX

アメニティは基本的なものはあります。

ドーミーイン札幌ANNEX

コップはプラスチックのものでちょっとチープ感がありますね。

ドーミーイン札幌ANNEX

フェイス&ハンドソープはクラシエのものでした。

ドーミーイン札幌ANNEX

パナソニックのドライヤー。

ドーミーイン札幌ANNEX

冷蔵庫は中が空。サッポロクラッシクは湯上がりに飲むために自分で購入をしましたものです。

ドーミーイン札幌ANNEX

ケトル。

ドーミーイン札幌ANNEX
ドーミーイン札幌ANNEX

お茶は粉末のものが1つだけなのはかなりさびしいですね。

部屋はシャワーのみ

部屋には湯船はなくシャワーのみなので、大浴場は利用をしないという人は落胆してしまいそう。

ドーミーイン札幌ANNEX

すごくキレイというわけではなく、やや古さを感じます。

ドーミーイン札幌ANNEX
ドーミーイン札幌ANNEX

シャンプーやボディソープはPOLAのもので、ビジネスホテルではよく置いてあるもの。

ドーミーイン札幌ANNEX

トイレが別にあります。

湯船がないのは残念かもしれませんが、そもそもドーミーインは大浴場・サウナがウリのホテルなのでそれほどマイナス点になることはないでしょうか。

スポンサーリンク

ドーミーインといえば大浴場・サウナ

ドーミーインに泊まる方で、大浴場やサウナが目的という方は多いですよね!

特にサウナーからはドーミーインのサウナの環境は評判が良いのですが、 ドーミーイン札幌ANNEXの場合はどうなんでしょうか?

ドーミーイン札幌では2つのお風呂を楽しめる

ドーミーイン札幌ANNEXですが、商店街を挟んでドーミーインPREMIUM札幌と札幌ANNEXがあります。

プレミアムのお風呂が「石狩の湯」、 ANNEXのお風呂が「狸の湯」なんですが、両ホテルの宿泊者はそれぞれのお風呂を利用することができるんですよ!

1日1食派マイラー
1日1食派マイラー

温泉の外湯めぐりみたいで良い感じですが、商店街を通る際には夜は人が多いので館内着だと多少気になりますがね^^;

ANNEXのお風呂「狸の湯」 は、男湯が1階、女湯が2階にあります。

ドーミーイン札幌ANNEX
ドーミーイン札幌ANNEX

大浴場入口の前、フロントの横に湯上がりサービス。

ドーミーイン札幌ANNEX

私は公式ページからの予約ではなかったので、いただけませんがアルコール・ソフトドリンクサービスはフロント前のソファの辺りにありました。

ドーミーイン札幌ANNEX

コーヒーメーカーもあります。

アルコールサービスは飲み放題ではなく、1人1本までなんでせめて発泡酒ではなく、ビールを置いて欲しいかな^^;

事情はあるでしょうが・・・

「石狩の湯」も「狸の湯」なんですが、ホテルの規模と比べるとお風呂やサウナが小さいという印象です。

サウナはANNEXがオススメ

ANNEXのサウナのスペックですが、サウナ室は100℃近くあってしっかり汗をかけます。広さは5人程度が入れるぐらいでテレビが設置されています。

水風呂は1人用の壺風呂ですが、以前は20℃ぐらいでぬるいというレビューもありましたが、今は改善。

「キンキンに冷えています」という表記があり、14前後℃ぐらいで、良い感じでした。

外気浴は椅子が2脚ありまして、テレビもあるのでくつろぐことができます。

特に1脚は足を伸ばすこともできるので、上手く確保できれば至福のときを過ごすことができるでしょう。

プレミアムのサウナも似たようなものですが、水風呂がちょっとぬるめなのがやや残念。

たまたまかもしれませんが、 ANNEXのお風呂よりプレミアムのお風呂の方が混んでいたのもマイナス点でしょう。

1日1食派マイラー
1日1食派マイラー

混雑具合はタイミングもあるでしょうが、プレミアムに夜鳴きそばや朝食の会場があるので、どうしてもプレミアムに人が流れがちですかね。

夜鳴きそばのサービスはプレミアムへ移動

ドーミーインの人気のサービスのひとつ夜鳴きそばですが、 ANNEXのゲストはプレミアムの1階まで移動がをしなければならずちょっと面倒なんですよ。

朝食の会場も同じプレミアムの1階で、 ANNEXの朝食のレビューがないと思われた方もレビューで評判の良いプレミアムの朝食を食べることになります。

特に夜鳴きそばのためもあるでしょうが、プレミアムの夜のお風呂はやや混雑気味。

朝はANNEXのお風呂しか入っていませんが、そこそこ混んでいたのでプレミアムも空いていることはないでしょうかね。

ドーミーインはサウナーが多いので、時間帯によっては水風呂がすぐに入れなかったり、外気浴の椅子に空きがない時もありますね。

両ホテルのお風呂がやや狭いのも残念な点です。

イクラ盛り放題の海鮮丼が自慢の朝食ビュッフェの様子はこちらで紹介をしています。

さいごに

ドーミーインは快適なホテルですが、他のビジネスホテルチェーンもサービスを向上してきているので、以前ほどのアドバンテージはないかも。

人気が高いドーミーインは、他のビジネスホテルチェーンと比べると割高感あったりするのですが、今回は直前にdトラベルで予約。

サッポロ冬割の割引で朝食付2,990円。コレにスマイルクーポンが2,000円分つくのでお得すぎるぐらい。

期間限定のdポイントの使い道も悩ましかったので、ちょうど利用できてラッキーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました